2016年度キャノンボールレポ(実走編)

2016年の10月に2015年6月の事故により打ち込まれていた固定用チタンボルトを抜く為に手術入院したときにふと
「12月あたりにもう一回キャノンボールやりたい」
と思うようになりルート選定を検討する。今回は、東京発で群馬、長野、岐阜と通る中仙道ルート570kmで走ることに決める。結構登るのですが、信号が少ないので案外平均時速は稼げるみたいです。ただ、今の実力は平坦は上がってますが、登りは体重が増えてしまっているのでお察しレベル。でも地元通りたいよね。退院後ロードバイクキャノンボール仕様にして12月に向けトレーニング開始。本番負荷で常に回し、徐々にボリュームを積み重ね、本番数日前からボリュームを落として疲労を抜きました。

 しかし、決行2日前に予報が思わしくない方向に。東京発大阪着中仙道ルート全域向かい風予報(大泣 これは詰んだと思い、風向き的に有利に大阪発東京着の伊賀越え東海道にルート変更。風向き要素は達成に一番必要です。なお、大阪発中仙道は木曽高速で延々と上ってトラックに飛ばされそうなのでやめときました。

 東京朝5時発前提で事前に東京の宿を予約したのですが、キャンセルが面倒なので東京で一泊してから新幹線始発で大阪へ行って朝10時からスタート。

 当日は意外に寒くなく、昼間はグローブ外し素手で走れるぐらいでした。風向きも弱い追い風横風で気持ちよく走れました。200w近辺でひたすら回し・・・・・

ただ350km地点でDHバーセッティングが無理あったみたいで上半身が疲労に襲われ、それにより強烈な眠気に襲われ、由比のコンビニでぶっ倒れて爆睡してました。これはリタイヤの危機と思いましたが、起きたら20分しか経過してなかったし、眠気と上半身の疲労が吹っ飛んだしこれはイケるぞとテンションアップ。中盤まで殆ど握ってたDHバー握り率は下げておきました。
 箱根越えは夜中4時。結構時間は稼いだので脚を所々着きながら登り、頂上で体は一気に寒くなり、下山して三枚橋のファミマのイートインで30分間暖をとってました。小田原の酒匂橋の時点で24時間以内達成を確信。あとは必要以上に急がずおなかすいたので寄り道で牛丼を食べるというオーディエンスらの「舐めプだ!!」の避難轟々な行為をしながら無事に24時間内に東京日本橋着。現地は友人一名がお出迎え(ありがとうございます!!)

タイムは23時間38分で達成で5年越しの念願達成・・・・・